忍者ブログ
ちょっと知人友人には見せたくないので避難所として。 ジャンル不問で漫画ラノベの紹介やら感想やらとあと観葉植物とかボディピアスとか。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 

拍手[0回]




 某ケータイ小説サイトの某クリエイターさんが難病を患ってしまったんだとか。
 
 その病気について、日々の体調の変化などを綴る小説が新しくあがっていたのですが・・・。
 
 
 なんというか、言葉になりません。
 まだ10代の若い時分に治療法の確立されていない難病を患うのはどれだけ苦しい事か。
 この年代ならばお洒落やダイエットに力を入れたり、毎日の新しい変化に追いつこうと努力する頃でしょう。
 というのに髪の毛は抜け落ち、日を追って衰退していく身体事情を目の当たりにするなんて。
 
 
 炬は先月あたりに突然腹が出ただけで病気かと疑っていたというのに…
 (未だ原因は不明。今はもう引っ込んでますが、肥満であったのだと言い聞かせる)
 
 
 この作者さんは一体どんな気持ちであの小説を更新しているんでしょうか。
 まだページ数も少ないですが、泣き言も無く。
 かといって自虐に走って笑いを取ろうとしているわけでもなく。
 
 その心の中は、吐き出した文字列だけでは予想もできません。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 病をネタにした創作ものは基本的に好きではありません。
 その漢字一文字が「死」や「別れ」を連想させ、その中身の一つ一つが薄っぺらく感じてしまうからです。
 
 想像だけで表現できるような、そんな単純なものではないのでは。そう思えて仕方がありません。
 
 だからこそ、あの作者さんの綴る一ページ一ページがとても大切な、重たいものに思えます。
 起承転結なんて無くてもいい。視点が不安定でもいい。文章の書き方が統一されてなくてもいい。
 そんな文字の装飾を全て剥ぎ取って、本当に思いのたけだけを書き表す。伝えたいことを表現する。
 それこそが本当の「書物」だと思う。
 
 
 
 あの物語の結末は、本当の意味で誰にも分からない。
 
 けれど、願う
 
 
 
 
 
 
 どれ程の承転を繰り返そうと、その結が穏やかなものであればいいと
 
 
 
 
 
 
 
 読者は皆、それを望んでいます。
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<<   No.18, No.19    + HOME +    「花が咲くとお終い」ってのは本当だったんですね。   >>
Admin + Write
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
炬こごり
性別:
非公開
職業:
社畜あるいはIT土方
自己紹介:
■ピアス(左):
[18G] ヘリ1 (2011/06/27~): 渋谷N
[12G] ロブ1 (2011/07/17~): 渋谷N
[12G] ヘリ2 (2011/09/10~): 渋谷N
[16G] ロック (2012/01/21~): 原宿E
[14G] ナーコン (2012/03/31~): 中野T
[ 0G] ロブ2 (2012/08/26~): 大宮G

ピアス(右):
なし
(ロック2連予定!)


■里親さん募集ちう■
こちらからどうぞです
※2013/11/10更新
最新コメント
[05/24 通りすがり]
[09/13 こごり]
[08/28 306]
[12/15 こごり]
[12/13 306]
最新トラックバック
ブログ内検索
P R
photo by 7s
忍者ブログ [PR]